バーチャルオフィスの利用方法

運営会社によって審査はさまざまです

バーチャルオフィスを借りる時の注意点

オフィスサービスを最初に確認することが必要です。
法人登記に対応しているかどうか・秘書サービスや電話サービスや来客時の対応サービスを取り扱っているか
会議室や来客対応が必要な場合は、建物や施設は実際に見ておきましょう。
費用についても、サービスを含んだ料金プランで相場と比べておきましょう。
月額の賃料が安くても初期費用や更新費などが高額な場合がありますので、注意しなければなりません。
バーチャルオフィスの住所は、犯罪を犯した会社が今まで使用していなかったかを確認しましょう。
その会社と関係しているかを疑われると大きなダメージになってしまいます。
審査体制が簡単な会社よりも厳しいバーチャルオフィスを選ぶ方が安心できます。

バーチャルオフィスには審査があります

身分証明書・口座情報・事業計画書などの書類が必要となります。
担当者と会話し、コミュニケーションがとれなかったり、暴言をはいたり高圧的だったりと不信感を持たれると落とされることがあります。
情報商材や投資保険あっせん業などのクレームが起こる可能性のある事業や政治・思想・宗教団体・反社会的勢力と関係していると思われる事業などは、トラブルによって住所が晒される恐れがありますので、借りることは出来ません。
また、事務所を借りる方が向いていると思われる取引先や顧客とのやり取りが多い場合も難しいかもしれません。
特別な業種でなければ、詐称せずに必要な書類を用意し丁寧にやりとりが出来れば、審査は通るようです。
運営会社によってさまざまですが、審査は特別に厳しくはないようです。