バーチャルオフィスの利用方法

バーチャルオフィスはどのように利用している?

バーチャルオフィスが向いている職種

ウェブ関連では、Web制作やWeb運用・Webデザイナー・プログラマー・アフィリエイトなど
ネットショップの経営(Amazon、楽天、ヤフーショップ)
その他販売(服飾や雑貨など)
→自宅で作業できるので事務所は必要ないけれど、個人情報を守りたい
システム開発者、建築士、弁護士など
→出向や外出が多くて電話に出ることができないので、電話サービスが利用できる
コンサルタント(経営コンサルタント、企業コンサルタントなど)
→企業訪問や講演会などが多いため、住所が都心の一等地であることが信頼性につながる
個人事業主でも職種によって利用方法はさまざまです。
また、個人事業主以外では、地方が本社の法人が、東京都の支店として使用するケースもあります。

バーチャルオフィスのオプションサービス

まず、第一のサービスは、法人用の住所サービスですね。
法人登記簿謄本に記載でき、銀行口座開設が可能な住所を提供してもらいましょう。
郵便物転送サービスでは、郵便・宅配物を指定住所に転送してもらえます。
来客対応サービスでは、取引業者や顧客の急な来訪時でも、秘書受付が留守である旨を伝え、連絡してもらえます。
電話転送・秘書代行サービスでは、電話を転送してくれたり、屋号で対応してもらえます。
FAX転送サービスでは、提供してもらったFAX番号に届いたFAXをPDFでメール送信してもえます。
会議室を商談や講演などで利用できるサービスや税理士・司法書士などの専門家が、法人登記代行・記帳代行・社会保険の手続き・給与計算業務を行ってくれるサービスもあります。